米とぎざる(小)/山梨県 鈴竹



点線

水切れのよい鈴竹の米とぎざる

お米を研ぎやすいように、しっかり深さがあり水切れのよい米研ぎざる。
こちらは、2合のお米を研ぐのにちょうどいいサイズです。

お米を研ぐ以外にも、野菜の水切りや麺の湯切りになど、日々の台所で活躍してくれるざるは、
通気性もいいので野菜の保管にも便利ですし、収納かごとしてもお使いいただけます。

鈴竹米とぎざる


細やかな編み込みが美しく、しなやかで丈夫な山梨県の鈴竹。

江戸時代初期から続く、山梨県の鈴竹細工。
富士山の裾野に自生する鈴竹は、しなやかで弾力性・耐久性にも優れ、
昔から様々な生活用品に重用されていました。

その鈴竹を使って作られる竹細工は、山から竹を採取することから始まり、
材料となる竹ひごを一本一本丁寧に整え、かごやざるを編み込む、
全ての作業を手仕事で行っています。

山梨の鈴竹のものは、岩手県の鈴竹のものよりヒゴの取り方が細く、
繊細な感じに見えますが、目がギュッとつまってこちらもとても丈夫。

鈴竹米とぎざる

最初は優しい緑色をした色味が、使いこむうちに、
段々と淡い黄色の風合いへ変わっていくのも味わいのひとつです。

ご使用後はしっかり乾燥させることで、長くお使いいただけます。

→その他の竹かごについはこちら


点線

【サイズ】直径約18cm×高さ約10.5cm(2合用)
【重 量】約70g
【素 材】鈴竹
【生産国】日本(山梨)

●天然素材を使った手作りのため、サイズや形、風合い、色味には若干の個体差があります。
 表示サイズや重量は目安となりますので、参考にご覧ください。

●天然の竹で作られていますので、多少の折れやささくれがある場合がございますが、
 天然素材の製品の風合いとしてお楽しみいただければ幸いです。

●水に濡れたままにしておきますと、カビの原因となりますので、ご注意ください。