2019年11月 企画展 冬のゆうげ




秋も深まり、冬はすぐそこ。
オーブン料理やお鍋、スープなど
温かいお料理が並ぶ冬の夜の食卓をテーマに
4名の作り手によるうつわや道具が並びます。

今回の企画展には昨年も好評だった
KITANOSUMAISEKKEISHA cafe&bakeryさんの
北海道産、オーガニック(有機栽培)の材料にこだわった
クリスマスの焼菓子も販売いたします。

ぜひ、ご予定いただけると嬉しいです。

- - - - - - - - - - - - - - -
「冬のゆうげ」
11月7日(木)〜11月17日(日)
11:00-19:00 *火曜定休

湯気が立ちのぼるあつあつのお料理を
ふうふうしながらいただく幸せな時間
寒い夜もあったまる 冬のゆうげ

石原ゆきえ (陶)
遠藤素子 (陶)
たま木工 (木)
工藤由美 (布)
- - - - - - - - - - - - - - - -


2019.11.04 作家紹介

7日(木)からはじまる企画展「冬のゆうげ」に
ご参加くださる4名の作家さんを
DM撮影用にお借りした作品を交えて
ご紹介させていただきただきたいと思います。

これから新たに届くうつわや
焼菓子なども到着いたしましたら
ご紹介させていただきますのでどうぞお楽しみに。

#石原ゆきえ さん

新しくお取引きさせていただくこととなり
今回の企画展ではじめてのご紹介となります。

愛知県津島市で、白と黒のお色を中心に
柔らかな風合い、きれいなラインが印象的な
優しい佇まいのうつわを作られる石原ゆきえさん。




”シンプルなカタチにこだわったうつわ
気付いたら毎日使っていたそんなうつわを
ひと手間をかけ丁寧に心を込めて作るよう日々心がけています”

ほどよい厚みや軽さが心地よく手に馴染み
細部まで気配りが行き届いた丁寧な手仕事に
毎日安心してお使いいただけるうつわが揃います。

企画展にはグラタン皿、スープカップ
マグカップなどを届けて下さる予定です。
 

#遠藤素子 さん

今回の企画展で初めてのご紹介させていただく
2人目の作家さんです。

東京都町田市で、素朴でおおらか
土と手のぬくもりを感じる
温かみのあるうつわを作られる遠藤素子さん。


”毎日使える 使いたくなる器を
あれこれ考えながら 作っています”

飾らない自然体のうつわは親しみやすく
お料理を美味しく引き立てながら
毎日の食卓でタフに働いてくれるアイテムが揃います。

企画手には、オーブンや直火で使える耐熱、耐火のうつわ
土鍋を中心に届けてくださる予定です。


#たま木工 さん

沖縄本島北部に位置する東村で

沖縄の木をひとつひとつ丁寧に削り出し
のびやかな木の温もりあふれる
暮らしの道具を作られるたま木工さん。


沖縄の木を大切に想い、それぞれの木々の良さを生かしながら
実用性を1番に考えて作られる木のものたちは
いつも暮らしのそばに置いて愛着を持って長く使い続けたい道具が揃います。

やんばるの森で育った大自然の生命力や
ゆったり流れる心地よい空気感も一緒にお楽しみください。

企画展には、スープカップ、ボウル、鍋敷き
レンゲ、スープスプーンを届けてくださいます。
 

#工藤由美 さん

群馬県高崎市で、素材の優しい感触を大切に
布と布を繋いだ 美しくて実用的な
暮らしまわりの布小物を作られる工藤由美さん。


シンプルで大人なデザインの中にちいさな可愛らしさも顔を出す
日々の暮らしが少し楽しくなるような布小物が揃います。

企画展には、鍋つかみ、グラタンマット、ポットマット
ティーコゼ、テーブルセンターなどを届けてくださいます。

通年定番で制作いただいているリネン素材以外の
ふんわりあたたかな布合わせも並びます。