木のものの取り扱い方


軽くて丈夫なうえ、食卓に温もりを与えてくれる木の器やカトラリー。
最近では、お手軽な価格のものから作家ものまで、素材や形も豊富です。

お使いいただくうちに深みある色艶に変化していくのも、木のものの味わいのひとつ。
ときどきメンテナンスをしていただけますと、よりよく育ち、長くお使いいただけます。



\POINT/
油分が必要!日々のお料理にどんどん使ってあげることが大切です!


●取り扱いについて

*当店で扱っている木のものは、木の質感を活かしたオイル仕上げや植物性塗料仕上げになります。ウレタン塗装のような厚い塗膜はつくらないものの、汚れが染み込みにくい仕上げですので、油分を含んだお料理にも安心してお使いいただけます。

*棚の中にしまい込まず、日々のお料理に使ってあげると、油分が浸透して馴染んでいきます。そうすると、汚れがさらに染みにくく、強さも増してまいります。

*揚げ物などを極端に長時間のせたままにすると、油が余分に染み込んでしまう場合もございますのでごご注意ください。

*汚れた場合は、スポンジに洗剤をつけてさっと手洗いしていただいても大丈夫です。水につけっぱなしは避けて、すぐに乾いた布で拭いてしっかり乾かしてから収納してください。

*食洗機や乾燥機は、割れの原因となりますので、お控えください。




●お手入れについて

*油分が抜けてきたら、オイルを塗って油分を与えてあげてください。つやが戻り、汚れの染み込み防止になります。

⇒オイルは、食用の胡桃油や荏胡麻油、亜麻仁油などの乾性油がおススメです。ご家庭にあるオリーブオイルでも代用可ですが、不乾性油になりますので、出来るだけ薄く塗ってよくふき取ってください。生くるみを砕いて絞ったオイルでもOKです。

右は油分が抜けた状態で白くなってカサカサ気味です。左がオイル塗布後になり、しっとりしました。